離乳食にツナ缶をそのままあげていい?量や与え方のポイント、おすすめの市販の水煮缶やレシピも紹介

離乳食にツナ缶をそのままあげていい?量や与え方のポイント、おすすめの市販の水煮缶やレシピも紹介 子供

離乳食で使うツナ缶は、水煮で食塩不使用ならそのまま使えます。

※原材料は確認しましょう

食塩入りの水煮缶は、1歳頃からそのまま使えます。

離乳食では、オイル漬けのツナ缶はそのまま使えません。

ツナ缶は、手軽にタンパク質が取れる食材です。

保存もしやすく、手軽に購入できるので離乳食におすすめ!

開封後は冷凍もできますよ。

この他にも、ツナの量や与え方のポイント、市販のツナ缶のおすすめ商品などを経験を元にご紹介します。

ツナを使ったおすすめレシピもあるので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

離乳食にツナ缶をそのままあげていい?

ツナ缶には主に「オイル漬け」と「水煮(オイル無添加)」のタイプがあります。

また、食塩を使っているツナ缶と、食塩不使用のツナ缶があります。

そのため、ツナ缶の種類や離乳食の時期によっては、油や塩分を抜く必要があります。

離乳食中期や後期にそのまま使えるツナ缶は?

順調に離乳食が進んでいる場合、ツナ缶は離乳食中期(7~8ヶ月)からスタート。

食塩不使用の水煮缶なら、そのまま使えます。

月齢に合わせた大きさにほぐして与えましょう。

ツナ缶は、製造過程で加熱されているので、特に加熱の必要はありません。

食塩が入っている水煮缶の場合は、そのまま与えず、湯通しなどで塩分を抜きましょう。

(詳しいやり方は後ほど)

1歳頃にそのまま使えるツナ缶は?

離乳食完了期(1歳~1歳半)の頃には、食塩入りの水煮缶もそのまま使えるようになります。

水煮缶がおすすめですが、オイル漬け(油漬)を使う場合は油を切りましょう。

離乳食では、オイル漬けのツナ缶はそのまま使えません。

そのまま使うのなら、離乳食を終えた幼児食からにしましょう。

スポンサーリンク

ツナ缶の下処理のやり方

実際の下処理のやり方(油や塩分抜き)をご紹介します。

食塩不使用の水煮缶ならそのまま使えるので、食塩入りの水煮缶と、油漬けのツナ缶についてお伝えします。

下処理といっても、そこまで大変な作業ではないので安心して下さいね。

水煮缶(食塩あり)の下処理のやり方

水煮缶の塩分を抜くおすすめの方法は、茶こしでの湯通しです。

鍋でさっと煮て水を切る方法でもいいですが、茶こしだと手軽にできますよ。

やり方は、使う分のツナを茶こしに入れて、熱湯をかけるだけ!

湯通し後は、味見しましょう。

一回分なら少量なので、負担に感じませんでした。

オイル漬けの下処理のやり方

オイル漬けのツナ缶は、食塩の他に油が使われています。

油と塩分を取り除くために、さっと茹でるか湯通しします。

ここでもおすすめは、茶こしを使った湯通し。

まず、ツナ缶のオイルをしっかり切ります。

その後、使う分を茶こしに入れて熱湯をかければOK。

手軽にできますが、下処理に慣れるまでは、湯通し後に味見をしてから使うと安心です。

味見をしてやはり油や塩分が気になる場合は、小鍋で煮る下処理にしてみてもよいでしょう。

スポンサーリンク

離乳食のツナ缶、一食分の量や与え方は?

離乳食のツナの量と大きさの目安です(一食分)

  • 離乳食中期(7~8ヶ月):ツナの量は10~15g。細かくほぐします
  • 離乳食後期(9~11ヶ月):15g。粗くほぐします
  • 離乳食完了期(12~18ヶ月):15~20g。大きい塊をほぐします

参考:授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)厚生労働省公式サイト

ここでの量は、たんぱく質のグループ(魚・肉・豆腐・卵・乳製品)のうち、魚だけを食べるときの目安です。

ツナ以外の食材を使う場合は、量を調整しましょう。

(魚と豆腐をそれぞれ半量くらい食べるなど)

量や大きさは、和光堂「わこちゃんカフェ」も参考になりますよ。

離乳中期 7~8か月頃の離乳食の進め方の目安(アサヒグループウェブサイト)

離乳食では、最初は加熱調理することが多いですよね。

ツナ缶はどうかというと、加熱調理しなくても大丈夫です。

製造過程で加熱されているためです。

はじめてあげるときは小さじ1から

初めてツナを与える時の量は、小さじ1程度からスタートしましょう。

小さじ1で様子をみて、また次の日も大丈夫なら、与える量を少しずつ増やすと安心です。

初めてツナ与える時は、時間と曜日に注意しましょう。

ツナに限らず、離乳食で初めての食材を与える時は、アレルギー症状や中毒症状が出たときのために、小児科があいている時間と曜日にします。

午前中だとより安心です。

ツナは飲み込みにくいかも

もう一つ注意する点は、ツナの繊維質な食感です。

初めて与える時、赤ちゃんにとって飲み込みにくいかもしれません。

細かくしたり、とろみをつけたり、おかゆなど水分がある食材と一緒に与えるといいですよ。

我が家の場合は、子供にツナ缶を与える前に、まぐろの刺身をしっかりと茹でほぐしたものでマグロデビューさせていました。

まぐろと水のみで、子供が問題なく食べていたので「次はツナ缶を試してみよう」とシフトしていきました。

スポンサーリンク

離乳食のツナ缶は冷凍保存可能?

離乳食のツナ缶の残りは、冷凍保存できます。

小分けにして冷凍するだけです!

ツナ缶は密閉されているので、封を開けなければ保管しやすく、購入出来る時に買いだめできるのが嬉しいところ!

しかし封を切ったら、早めに食べなければなりません。

大人がその日に一緒に食べるのなら問題ありません。

しかし、大人は油漬け、子どもには水煮缶という家庭も多いのでは?

実際、わが家でも大人用と離乳食用で、別のツナ缶を使っていました。

そんな私がしていた保存が冷凍保存です!

離乳食といったら冷凍保存ですよね。

ツナ缶を開けたら、その月齢にあった量に分けて冷凍保存すると便利でした。

使うときに、茶こしでサッと湯通しするだけです。

下処理を一気にすませたい方は、湯通してから冷凍してもいいでしょう。

一度に下処理した方が、毎回の離乳食の準備が楽かもしれません。

ちなみに、ツナの残りを冷凍する際は、缶の封を切ったら時間を置かないようにしましょう。

時間が経ったり、冷蔵庫に入れてないものなどは衛生的に悪いので、離乳食には使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

離乳食におすすめの市販のツナ缶はどれ?

離乳食におすすめの市販のツナ缶は、水煮タイプです。

なるべく下処理が簡単な方がいいですよね!

水煮タイプは、油を使わずに水や野菜スープなどで煮たものです(ノンオイル)。

帆立貝エキスなどが含まれているタイプもあるので、離乳食として使うツナ缶は原材料を確認しましょう。

実際に使った商品も含めていくつかご紹介します。

食塩不使用の水煮缶

私の場合、離乳食を始めた頃は不安もあり、あまり下処理が必要でないものを使っていました。

食塩不使用の水煮缶タイプは、塩抜きがいらないので細かくするだけでOKです。

いなば ライトツナフレーク 食塩無添加オイル無添加

私が離乳食後期くらいまでよく使っていたツナ缶です。

原材料名:きはだまぐろ、野菜スープ、ナチュラルミネラルウォーター

野菜スープの内容はわかりませんでしたが、アレルギー物質表示はありませんでした。

はごろもフーズ まぐろと天然水だけのシーチキン純(食塩不使用・オイル不使用)

まぐろと天然水だけで作ったシーチキンです。

↑ 現在はパッケージが変わったようで「食塩不使用」と書かれています。

原材料名:きはだまぐろ

食塩使用の水煮缶

食塩入りの水煮缶は、離乳食完了期の1歳頃からはそのまま使えます。

離乳食中期・後期の間も、塩抜きすれば使えますよ。

市販の商品には「ホテイ 無添加ツナ」や「はごろも 素材そのままシーチキンLフレーク」などがあります。

ホテイ 無添加ツナ

原材料名:きはだまぐろ(輸入又は国産)、野菜エキス、こんぶエキス、食塩

はごろも 素材そのままシーチキンLフレーク

原材料名:きはだまぐろ、まぐろ節エキス、食塩、まぐろエキス

CO・OP ライトツナフレークまぐろ油無添加

我が家では、離乳食完了期くらいからコープの水煮缶を使っています。

原材料名:きはだまぐろ、食塩、酵母エキス、野菜エキス

※コープについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています

COOPの個人宅配ってどんな感じ?コープふくしまを12年使っている感想や使い続ける理由など!
ここ数年で、食料品などの宅配サービスが充実してきました。様々なお店がある中、私はコープ(COOP、生協)の個人宅配を12年利用しています。私の母も利用していたので、子供の時から馴染みあるものでした。自分の家庭を持ち、ライフスタイルが変...

食塩が入っているので、初めはサッと湯通しをして使っていました。

成長に合わせて、だんだんそのまま使うようになりました。

ちなみに、幼児食でも、基本的には食塩入りの水煮タイプのツナ缶を使っています(下処理なし)。

時々、オイル漬けのツナ缶を使用することもあります(油を切る程度の下処理)。

子供の成長と共に離乳食作りにも余裕が出てきてからは、購入しやすいタイプのツナ缶を選ぶこともありました。

ぜひ赤ちゃんの月齢や、ママ自身にあった商品を見つけてくださいね。

オイル漬けのツナ缶は幼児食以降がおすすめ

オイル漬けは、調味液の約半分以上が油です。

油漬けは大人になじみのあるタイプで、一番イメージしやすいツナ缶なのではないでしょうか。

コクがありおいしいのですが、離乳食で使う場合は油抜きも必要になります。

いなば ライトツナフレーク (まぐろ油漬)

原材料名:きはだまぐろ、大豆油、野菜スープ、食塩、調味料(アミノ酸等)

はごろもフーズ シーチキンLフレーク

原材料名:きはだまぐろ、大豆油、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)

これまでもお伝えしましたが、ツナ缶にはさまざまな種類があります。

同じメーカーでも、パッケージが似ているので間違えそうです。

また、ツナ缶に分類されていますが、カツオのものもあります。

初めて購入するツナ缶は、原材料を確認してくださいね。

スポンサーリンク

ツナ缶を使ったおすすめ離乳食レシピ

手軽で保存も調理もしやすいツナ缶は、離乳食におすすめです!

お肉だけではなく、魚のタンパク質を取り入れたいママに簡単な離乳食レシピをご紹介します。

ツナのトマトソース

ツナのトマトソースやホワイトソースは、細かく食材を切ったり、ブレンダーでなめらかにしていれば、離乳食中期から食べられます。

  1. 湯通ししたツナを用意します(食塩、油不使用なら汁ごと使えます)
  2. 小鍋にツナと、お好みの野菜を一緒に入れます(玉ねぎ、にんじんがおすすめ)
  3. トマトジュース(無添加、食塩不使用のもの)を加えてじっくり煮ます(湯むきしたトマトを使ってもOK)
  4. 野菜に火が通ったら完成!(ブレンダーでなめらかにしても)

このソースを、おかゆやご飯に混ぜるとリゾット風になります。

また、野菜スープに混ぜればトマトスープになります。

パスタが食べられる時期なら、パスタソースとしてもおすすめ!

私の子どもには、パンと一緒に食べるスープが人気でした。

ツナのホワイトソース

  1. 下ごしらえしたツナを用意します(食塩、油不使用なら汁ごと使えます)
  2. 小鍋にツナと、お好みの野菜を一緒に入れます(玉ねぎがおすすめ)
  3. 少しのバターで炒めます(気になる方はバターがなくても大丈夫です)
  4. 小麦粉と牛乳を加えて、なめらかなとろみがつくように煮詰めて完成!

4の工程は、市販のベビーフードのホワイトソースがあればより簡単に出来ます。

ご飯にかけてドリア風、他の野菜スープとあわせればシチュー風、ミルクスープに出来ます。

パスタがあれば、グラタン風の離乳食にもできますよ。

私の子どもにはドリア風が人気で、野菜も一緒に取れてよかったレシピです。

ツナとブロッコリーのいももち

つかみ食べ用のレシピです。

離乳食後期(9~11か月頃)からがおすすめ。

  1. 茹でてつぶしたジャガイモと、茹でてみじん切りしたブロッコリーを用意します
  2. 用意したものと、下ごしらえをしたツナを混ぜます
  3. まとまりやすいように、片栗粉を入れて、食べやすい大きさに成形していきます
  4. フライパンで焼いてできあがり!(バターで風味をつけるとおいしいです、お好みで)

ブロッコリーは柔らかく、じゃがいもに馴染みやすいので、子供も食べやすかったレシピ。

ツナもしっとりとじゃがいもに馴染むので、パサパサ感がなくておすすめです。

ツナ単体だと、赤ちゃんにはパサついて食べにくい時期もあります。

くせがないので、他の食材との相性がいいのもツナ缶のいいところ!

野菜など他の食材に混ぜながら、離乳食に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました