ドライフラワーのプレゼントってだめなの?結婚式や送別会で贈るのは失礼?意味や彼氏・彼女・友達への選び方

ドライフラワーのプレゼントってだめなの?結婚式や送別会で贈るのは失礼?意味や彼氏・彼女・友達への選び方 生活

ドライフラワーのプレゼントはだめではありませんが、向かない場合があります。

ドライフラワーの意味は「永遠」。

海外では良い意味でつけられていますが、風水では死んだ花と言われ、好まれないこともあるからです。

結婚式にドライフラワーを贈る際には、失礼にならないよう事前に確認しましょう。

送別会には、ドライフラワーのプレゼントはあまり向きません。

ドライフラワーを贈られると嬉しいものです。

彼氏・彼女・友達など、相手のことをイメージして贈るといいですよ。

この記事では、ドライフラワーを贈る際に気をつけたいことなどをご紹介します。

スポンサーリンク

ドライフラワーのプレゼントってだめなの?

ドライフラワーのプレゼントを贈るのはだめではありませんが、誰にでもOKというわけではありません。

風水を気にする方には贈らない方が良いでしょう。

風水ではドライフラワーは死んだ花と言われ、良いものとされていないのです。

年配の方だと特に気にされる方が多いかもしれません。

また、花粉症の方にプレゼントをする際にも注意が必要です。

ドライフラワーになっていても花粉が残っていたり、ドライフラワーに付着したダニやホコリに反応してしまったりする事があります。

風水を気にするか、アレルギーを持っているかなどを、事前に確認してから贈ることを検討してくださいね。

ちなみに、飾り方によっては、風水的に運気を下げないとも言われています。

風通しの良い場所に飾ったり、ほこりがつかないようにお手入れをするなど。

ドライフラワーを飾る方角によって、運気がアップすることもあるそうですよ!

ドライフラワーを贈る際には、飾り方のポイントを添えるなどの配慮があると喜ばれそうですね。

スポンサーリンク

ドライフラワーのプレゼントの意味は?

ドライフラワーのプレゼントには「永遠に」という意味があります。

特に欧米では、永遠に咲き続ける花というようにとらえられています。

国ごとに、多少意味が変化しますが、基本的には永遠のものという認識は同じようです。

日本ではドライフラワーに花言葉はつけられていませんが、海外だと良い意味でつけられているのですね。

縁起物の一つとして、贈り物にも使用される事が多いです。

ドライフラワーは海外ではお墓に供えるものでもありますが、前向きなものであり、不吉なイメージのものではありません。

スポンサーリンク

結婚祝いにドライフラワーは失礼?

結婚祝いにドライフラワーをプレゼントするのは、失礼に当たることもあります。

先ほども紹介した通り、ドライフラワーは「永遠」という意味も持ちます。

「末永くお幸せに」という意味を込めて、ドライフラワーを贈りたい方もいると思います。

また、ドライフラワーを結婚式が終わった後も楽しむ事ができるので、プレゼントに人気でもあります。

実際、結婚祝いにプレゼントできる商品もあります。

しかし、風水的にあまり好まれないことがあるので、事前に相手に確認するのが良いでしょう。

結婚式に花を贈る場合、花束よりはリースなどの方が好まれると思います。

リースは途切れることのない輪っか型なので、縁起が良いですね。

また、ドライフラワーではなく、プリザーブドフラワーを贈るという方法もあります。

例えばこちら。

色やメッセージも選べるので、贈る方のイメージに合うものをプレゼントすることができます。

> プリザーブドフラワー フラワーフレーム アナベル(ベルビーフルール公式サイト)

プリザーブドフラワーはドライフラワーに比べて色褪せる事も無く、長い間飾っておく事ができます。

枯れていない花なので、オススメですよ。

送別会にドライフラワーは失礼?

送別会にドライフラワーをプレゼントするのは、失礼になってしまう事もあります。

ドライフラワーは枯れたお花なので、風水的にも印象的にも送別会にはあまり向かないと言えるでしょう。

送別会に送るのであれば、生花の方が良いですね。

また、プリザーブドフラワーを送るのもオススメです。

送別会では、長時間飲食店などにいる事も多く、解散して帰宅するまでに時間がかかりますよね。

生花だと、途中でしおれてしまったり傷ついてしまったりしないか注意をしながら、街を歩く必要があります。

その点プリザーブドフラワーなら、そのような心配をする事なく持ち歩く事ができます。

スポンサーリンク

ドライフラワーの贈り物って嬉しくない?

ドライフラワーの贈り物はうれしくないかというと・・・。

個人的な意見になってしまいますが、ドライフラワーの贈り物は嬉しいです。

ドライフラワーは、おしゃれな部屋づくりに役立つアイテム。

ナチュラルテイストのお部屋づくりをしている方にはぴったりです。

また、ドライフラワーが一つ部屋にあるだけで、心が華やぎますよね。

いただいた花束をドライフラワーにすることはあっても、自分のためにドライフラワーを購入することはないので、ありがたいなと感じます。

こちらのドライフラワーは、種類が20種類近くあります。

単品で飾っても、いくつか組み合わせて飾っても楽しめます。

たくさん種類があるので、相手に合わせて選んであげると良いですね。

また、特別なイベントごとに送られるよりは、ふとした時に送られる方が私は嬉しく感じます。

ドライフラワーを彼氏・彼女・友達に贈るなら

ドライフラワーを贈るのにオススメのものを相手別に紹介していきます。

彼氏や彼女にドライフラワーを贈る際には、バラを使ったドライフラワーがオススメです。

バラは贈り物に定番の花ですね。

バラの花言葉は「愛」。

バラは贈る本数や色によっても意味が変化します。

例えばバラを9本用意すれば「いつも一緒にいてください」という意味になります。

ドライフラワーには、生花やプリザーブドフラワーのような色の鮮やかさはないですが、ナチュラルな色合いは魅力的ですよね。

友達に贈る際には、黄色の可愛い花、ミモザを使ったドライフラワーがオススメです。

ミモザは「友情」の花言葉がついています。

ドライフラワーにしても綺麗な色のままです。

この他にも「友情」の花言葉がついた花は、紫色のライラックや黄色のバラ、カモミールなどがあります。

また、花言葉だけではなく、花の色で相手のイメージに合うものを組み合わせるのも喜ばれそうです。

相手に好きな花があればそれも組み合わせてあげましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました