PR

狭い家での子育てってストレス?メリットや我が家の工夫、イライラしないための秘訣

狭い家での子育てってストレス?メリットや我が家の工夫、イライラしないための秘訣 生活

狭い家での子育てってストレス?と言われますが、そんなことはありません!

狭い家だからこそ、子どもの行動に目が届きますし、子供も親もお互い安心感ある暮らしが出来ます!

しかし、子どもの成長に伴い、おもちゃや服など物が増えていくもの。

部屋がごちゃごちゃしてくると、それが原因でイライラすることも・・・

ここでは狭い部屋での子育てのメリット、デメリット。

また狭い家での工夫、イライラしないための秘訣についてご紹介していきます。

狭い家での子育てってストレス?

狭い家での子育てってストレス?と思われがちですが、私はそこまでストレスとは思いませんでした。

私自身、一時は家族4人、2DKのアパートで生活していました。

ただ、狭くて嫌だな・・・とストレスを感じたことはあります。

それは物の多さに関することでした。

子どもの成長に伴い、おもちゃや服、おむつなど物が増えていきますよね。

それを整理整頓する時間や、思ったようなインテリアにならないことにイライラすることも・・・

子供のおもちゃって、最近は落ち着いた色合いなどの物もありますが、基本は原色!

物が整理できていない空間に、目がチカチカする赤、黄、オレンジ・・・

整理整頓しなきゃいけないと思ったときは、よりゴチャゴチャ見えて落ち込むこともありました。

狭い家での子育てのメリットは?

狭い家での子育てのメリットは、家族で過ごす時間が多くなることです。

同じ家の中なら、広い家でも変わらないのでは?

と思いますが、狭い家だと自然に家族がリビングに集まります。

小さな子どもであれば、すぐ目が行き届くのも安心ですね。

子どももママのそばで遊んでいるので安心でき、自然にお互いが安心できる空間となります。

お互いの顔が見えて、笑顔でいられることが子育てで一番大切ですよね!

その点からも狭い部屋での子育てはいいものです!

また家事をしながら子どもをみるのは大変ですよね。

狭い部屋なら家事の動線も短く済みますし、家事をしながらも子どもに目が届くのもポイントです。

また、掃除する範囲が少ないので、家事時間が短く済むのもいいですよね!

今は戸建てに引っ越したのですが、子どもが小さいときは、子どもを一階に残して掃除するのが怖く、週末に後回しにしたり、おんぶをして適当に掃除をしていました・・・

狭い家での子育ての工夫

狭い家での子育ての工夫は、ストレスの原因である物を管理することです!

わが家は収納スペースがない部屋だったので、簡易的なタンスや、ラックを使って子どもの物を収納していました。

しかし成長に伴い、また子どもが増えることで物は増えていきます。

ラックやタンスで生活スペースが狭くならないように、私が実践したことをご紹介します!

1wayのものより、2way3wayのものを使う!

子育てグッズは大きく場所をとります。

そして成長に伴い使わなくなり、部屋のスペースだけ取る羽目に・・・

そこで私は成長に合わせて、形態を変えて使えるものを使っていました。

わが家で使っていたのは「BSCR」(ビスクル)という商品で、4つの役割をこれ一つで補えます。

スペース確保、コスパ面でもよかったです。

スウィングラック、バウンサー、ロッキングポニー、カウチとして使えて、インテリアとしても素敵な商品でした。

この商品に限らず多機能なものもあるので、これからグッズをそろえる方は参考にしてみてくださいね。

期間限定のものはレンタル!

子育てグッズは大きく幅もあるので、狭い家では必要なものだけにしておきたいですよね。

私は使う時期が短いものや、買うべき商品か悩んだときにDASKINのレンタルを利用していました。

> ベビーベッド レンタル(かしてネッと:ダスキン公式サイト)

レンタルであれば長い間、部屋のスペースを占拠しません。

わたしは一人目のときに、体重管理のため赤ちゃん用のスケールを借りました。

二人目の時には使わなかったので、レンタルで良かったと感じています。

ダスキン以外にもレンタルサービスはいろいろありますよ。

例)ベビレンタ

ベビレンタには、先ほどご紹介した「BSCR(ビスクル)」やスケールなどもあります。

> ベビー用品レンタル ベビレンタ(公式サイト)

使わなくなったものは、必要な方へ

狭い部屋の天敵は、使わない物です。

今後使う予定がないなら、必要な方に使って貰えたらエコですし、自分も嬉しいですよね。

フリマアプリやリサイクルショップを利用したり、欲しいという方がいれば「おさがり」として渡してもよいでしょう。

私は、手続きが簡単なリサイクルショップをよく利用しています。

> セカンドストリートはこちら(公式サイト)

ベビーカーなど大きなものから、季節もののアウター、知育玩具など幅広く対応しているので、家のスペース確保に役立ちますよ。

家の外にも保管スペース

私が住んでいた部屋は、家の中の収納は押し入れ程度でしたが、外に保管スペースの物置がありました。

屋外なので保管するものは選びますが、季節商品(扇風機、電気カーペットなど)を、都度入れ替えして保管していました。

今はトランクルームなども手軽に借りることができます。

例)ハローストレージ

> ハローストレージ(公式サイト)

どうしても処分したくないものは、外部で保管するのも一つの手ではないでしょうか。

狭い家での子育てでイライラ

狭い家での子育てでイライラするときは、部屋がゴチャゴチャしているときです。

やっと片付けたのに、すぐ後ろで「ガラガラガシャーン」とおもちゃを出す音・・・

何度ため息をついたことでしょう。

また初めての子育てであれば勝手も分からず、無意識のうちに「完璧」を追い求めてしまいがちです。

私も最初は子どもがいる部屋だから、清潔にしようと必死でした。

子育て雑誌などでは、キレイな部屋での子育て風景が・・・

それをみて、自分の家のごちゃごちゃした部屋を見比べて、肩を落としたこともあります。

しかし子どもが安全であれば、部屋の狭さ、ごちゃごちゃ感は関係ありません!

一番は子どもが安全で、笑顔で過ごす空間であればいいのです!

子どもが笑顔で過ごすためには、ママの笑顔が一番です。

狭いからこそ、子どもとぴったり出来る!

物が増えていくのは、子どもの成長の証!

イライラは見方を変えると、いい面もありますよ!

私はデッドスペースを利用したくて、突っ張り棒を使った収納をしていました。

その突っ張り棒が落ちて、かけていた洋服がわたしの頭に落ちてきたことがあります。

それを見た子どもが笑って、洋服の山で遊びだしたときに、イライラも吹き飛びました!

狭い家での子育て間取りはどんな感じ?

狭い家での子育て(間取り)

私が暮らしていた2DKは、この間取りのようなアパートで全てフローリングでした。

子どもと日常過ごすスペースはほぼリビングでした。

キッチンスペースとリビングは引き戸で区切ることが出来ましたが、子どもがいつでも見えるように、オープンスペースで使っていました。

子どもが大きくなってくると、このオープンスペースがデメリットになりました。

キッチンは触ってほしくないものがいっぱいですよね。

引っ越し後でもそうですが、扉のロックはもちろん、ガードを使用し区画を分けていました。

ベビーゲート

ベビーゲート(自立タイプ)

子どもの洋服やおもちゃなどは、全てリビングに置いて利用していました。

リビングが狭くなってはいましたが、子どもは着替えることが多かったので、一つのスペースで事足りるのが良かったです。

おもちゃはラックに子どもが片付けしやすい袋、ケースなどをおいて整頓していました。

最初はキレイに並べようとしましたが、子どもが楽しく自分で出来る収納が私には合っていました。

子どもも「このおもちゃはこれに入れるんだよ!」と自分で片付けする習慣も身についていきました。

私は楽だし・・・一石二鳥!

ゴチャゴチャしたおもちゃも、収納ボックスを使うとスッキリみえるから不思議!

100均や、ニトリ、無印などでトレイやボックスがたくさんありますので、自分が使いやすい商品、素材を見つけて、収納を楽しんでみてください!

カラーやキャラクターものなども豊富ですので、インテリアと合わせてみては?

さいごに

狭い部屋でもメリットはいっぱい!

工夫次第で、そして子どもの存在で、笑顔ある素敵な空間になりますよ。

工夫して、キレイに整理整頓できた時は、気分爽快。

子どもにぐちゃぐちゃにされたときは、もう笑って吹き飛ばしましょう!

そんな時は、外へお散歩などをして気分転換もおすすめです。

家族でくっついて過ごす時間は、子どもが成長していくと少なくなってしまいます。

狭くても子どもとぴったりした時間がいっぱい!と思って、狭い部屋での子育てを楽しんでみてください!

error: