1歳の子に食パンをそのままあげてる?量やパンに塗るもの、食べさせ方やバナナを使ったアレンジレシピ

1歳の子に食パンをそのままあげてる?量やパンに塗るもの、食べさせ方やバナナを使ったアレンジレシピ 子供

食パンは購入しやすく、大人も一緒に食べられるのも魅力的!

でも、赤ちゃんにいつまで柔らかくしてあげるのか?

そのまま食べさせても、大丈夫?と、気になることも…。

離乳食で食パンをそのままあげる時期は、1歳~1歳半の離乳食完了期を目安にするとよいでしょう。

(この時期の1日の量の目安は、8枚切り1枚程度)

食パンに塗るものは、ジャム、きなこ、バター、ヨーグルト、ベビーフードなどがあります。

バナナを使えば簡単にアレンジレシピもできますよ。

サン・ダルフォージャムは、砂糖不使用、保存料不使用。

おいしいし、親と子供用を別々に買わずに済むのが良かったです♪

1歳の子に食パンをそのままあげていい?

食パンをそのまま与えていい目安は、1歳~1歳6ヶ月の離乳食完了期です。

しかし、子どもの離乳食の進め方は十人十色!

子どもがしっかり噛めて、飲み込めているかを見てから、取り入れてみましょう!

手づかみで食べやすいように

1歳は「つかみ食べ」の時期!

つかみやすく、食べやすい大きさ、形にしてあげるとよいでしょう。

食パンの耳はそのままでは硬いので、取り除き、柔らかいところを食べさせましょう。

私は子どもの噛む様子にあわせて、スティック状にして食べさせていました。

小さく切りすぎて、口の中にぺったりとくっついて、ひやりとしたことも・・・

そのままの食パンは、ご飯に比べて水分がないので、赤ちゃんには飲み込むのが難しいです。

パン粥ほど柔らかくしなくても、他の料理などで水分を多く取り入れるのもいいですね。

水分と一緒に与えたり、ペースト状のものを塗るのもよいでしょう。

スポンサーリンク

1歳児の食パンの量は?6枚切りや5枚切りの場合は?

1歳児の食パンの量は、1日摂取量で40~50gを目安にしましょう。

おおよそ8枚切り食パン1枚分なので、わかりやすいですね。

5枚切りなら3/5枚、6枚切りなら3/4枚くらいの計算になります。

塩分があるので与えすぎには注意

食パンは、ご飯にはない塩が入っていますので、1日1食にしましょう。

また、あまり添加物や油脂分が多いものでなく、シンプルな食パンがおすすめです。

私はその点から、初めてのパンとしてPascoの超熟を与えていました。

また、最近はホームベーカリのあるご家庭も多いのではないでしょうか。

自分で焼いたものなら安心ですよね。

焼きたてだと柔らかいので、子どもにもぴったりです。

スポンサーリンク

一歳頃の食パンに塗るものは?おすすめのジャムも紹介

1歳児の食パンに塗るものは、砂糖や脂分、塩分が強くないものがおすすめです。

ジャム、きなこ、バター、ヨーグルト、ベビーフード、はちみつなどがあります。

バターなら無塩のもの、ジャムなら無添加、砂糖不使用がいいでしょう。

ヨーグルトも手軽でおすすめです。

きなこはバターの上にふりかけるだけで、お手軽ですね!

バナナペーストにきな粉を混ぜただけの、バナナきなこジャムもいいですよ。

(バナナのレシピは最後の項目でご紹介しています)

はちみつですが、一歳を過ぎてからといわれています。

しかし私は不安だったことと、甘みが強すぎたので3歳過ぎまでは使いませんでした。

ジャムを小鍋で作るのもいいですが、少量だし、手間が・・・

砂糖不使用、保存料不使用のジャムがおすすめ

そこで私は市販品のジャムで、砂糖不使用、保存料不使用の商品「サン・ダルフォージャム」を使っていました。

大人が食べても美味しいので、子ども用と分ける必要もないのもポイントの一つです。

果物のベビーフードをジャムの代用にしても

またベビーフードのペースト(果物系)をジャムの代用品として使うのも良かったです。

キューピーのべビーフード瓶詰シリーズ、果物系は現在8種類ありますよ。

~5ヶ月頃から~
ももと白ぶどう、とまととりんご、バナナといちご、国産りんご、国産もも

~7ヶ月頃から~
フルーツミックス、バナナプリン、国産ももとりんご

子供に人気なのはベビーダノン

私の子どもに一番人気だったのは、ヨーグルトでした。

パン食のときによくヨーグルトをセットで出していたので、ジャムのように塗っていました。

子どもたちは「DANON ベビーダノン」の二層仕立てシリーズが好きでした。

スポンサーリンク

一歳の食パン / 普段の食べさせ方を紹介

パンは、子供には少し飲み込みにくい食べ物です。

食べさせ方のポイントとしては、水分を十分にとれるおかずや、飲み物を用意するといいですね。

また1歳だと食べムラや遊び食べなどをしますよね?

食パンをすべてキレイにジャムで塗ったり、挟まなくても大丈夫!

そのままパンを一緒に出して、スープなどに浸すのもよいでしょう。

私はスティック状に切って、そのまま出すことが多かったです。

子どもの様子をみて、その日の献立から、スープに浸したり、果物をのせてみたり、ヨーグルトをパンでディップしたりなど・・・

我が子も、自分でちぎってスープに入れていました。

ベビーフードにはパウチのスープもあるので、食パンとの相性もばっちり!

日常使いはもちろんですが、外出先で簡単に購入できる食パンは頼もしい味方です。

そして子供も手づかみが楽しい時期!

手軽に手掴みできる食パンで、自分で食べる楽しさを感じられるはずですよ!

スポンサーリンク

バナナを使った食パンのアレンジレシピ(サンドイッチやフレンチトースト)

バナナは、子供のおやつにもおすすめの食材です。

柔らかいのでほぼ手を加えることなく、簡単に食パンとのコラボレシピができちゃいます。

そしてまったりとした甘みもあるので、子どもが食べやすいです。

なおかつ栄養素が高いのもママにはうれしいところ。

酸味がないので他の食材と合わせやすく、何より美味しいですよね。

少しいつもと違う食パンを・・・という方に、おすすめレシピを紹介します。

バナナサンドイッチ

食パンにヨーグルト(プレーン、子供用が望ましい)を塗って、薄くスライスしたバナナをサンドしてできあがり!

ロールしたり、かわいい型でパンを抜くだけで特別感が出ますよ!

私はこれを土台にして、1歳の誕生日に子どもが食べられるミニケーキにしました!

きなこバナナジャム

バナナをつぶして滑らかにしたところに、きなこを少し入れて混ぜるだけ。

粉っぽさが気になったら、子どもの成長に合わせて牛乳、粉ミルクをいれてのばすと、塗りやすくパンもしっとりします。

バナナフレンチトースト(たまご、牛乳は使いません)

粉ミルクを作ります。

つぶして滑らかにしたバナナを少し温めて、ミルクと合わせて液を作ります。

そこにパンを浸して、バターを薄く塗り、ゆっくり焦げないように焼くいたら完成!

粉ミルクのみで焼いたフレンチトーストに薄切りのバナナをトッピングしてもいいですよ!

スポンサーリンク

まとめ

一歳頃の子供への食パンの食べさせ方や、簡単でおすすめのバナナのアレンジレシピをご紹介しました。

食パンをそのままあげる時期は、1歳~1歳半の離乳食完了期が目安。

しっかり噛めて、飲み込めているかを見てから取り入れましょう!

スティック状に切ると、手づかみで食べやすいのでおすすめです。

何もつけずに食卓に出して、その時の様子でスープに浸してみたり、ジャムを塗ったりしてみてくださいね。

サン・ダルフォージャムは、子供も大人もおいしく食べられます。

パンに塗るもので我が子に人気だったのは、ベビーダノンの二層仕立てシリーズした。

タイトルとURLをコピーしました