マスクの中にティッシュを挟むと肌荒れしない?ティッシュ以外の方法やピッタマスク、シルクマスクなどの対策も紹介

マスクの中にティッシュを挟むと肌荒れしない?ティッシュ以外の方法やピッタマスク、シルクマスクなどの対策も紹介 生活

マスクの中にティッシュを挟む場合は、柔らかいものをマスクと肌の間に挟みましょう。

人によっては、ティッシュを挟むと肌荒れしてしまう場合があります。

ティッシュ以外では、ガーゼやコットン、インナーマスクを挟む方法もありますよ。

シルク(絹)のマスクは、肌に優しいのでおすすめです。

私は肌が弱いので、シルクの良さを実感しています。

マスクにティッシュを挟むと肌荒れしないの?息苦しい?

マスクにティッシュを挟むと、肌荒れしてしまう場合があります。

マスクを着用することで、女性だけでなく男性でも肌荒れに悩む方は多いですよね。

マスクの繊維や素材が肌に合わず、摩擦などを引き起こすことで肌が荒れてしまいます。

マスクの肌荒れを軽減するためにティッシュをマスクに挟む方法があるのですが、人によってはより肌荒れを起こしてしまうことも。

例えば、保湿ティッシュではなく、硬めのティッシュを使用していると摩擦が強くなり、肌を傷つけてしまいます。

これは花粉症の時期に鼻をかみすぎて、鼻が痛くなり傷つくのと同じです。

肌に赤みが出てしまったり、ニキビができやすくなってしまうこともあるので、ティッシュ選びには注意が必要です。

また、ティッシュを挟む方法では、息苦しさや不便さを感じることがあります。

実際にやってみると、長時間動いているとティッシュが湿ってきてしまい、息がしづらく感じました。

喋っていると、挟んだティッシュがマスクから出てきてしまったり、中で破けてしまうこともありました。

どのようにティッシュを挟めば、快適にマスクをつけることができるのでしょうか。

続いて、挟み方をご紹介します。

スポンサーリンク

マスクの中にティッシュを挟む方法(挟み方)

マスクにティッシュを挟む方法

マスクにティッシュを挟む方法は以下の通りです。

  1. 柔らかいティッシュをちょうどいい大きさに折りたたむ
  2. マスクの内側にティッシュを当てる
  3. そのままマスクをつける

ティッシュを挟むことで、直接肌にマスクが触れないで済みます。

マスクにファンデーションなどのメイクがつく事も防げますね。

ある程度ティッシュが湿ってきたり破れてきたりしたら、交換が必要です。

話しづらさはありますが、できるだけ不織布マスクを立体的にした状態でティッシュを挟むと、いくらか軽減されます。

マスクの鼻部分に合わせてティッシュをセット

鼻部分に合わせてティッシュをセットすると、メガネの曇り防止や、前髪崩れの防止にも役立ちます。

また、鼻部分に合わせる事でティッシュがずれてしまう事も、いくらか軽減できますよ。

スポンサーリンク

ティッシュよりガーゼやコットン、インナーマスクを挟む方が肌荒れ防止になる?

ティッシュで肌荒れしてしまう人は、ガーゼやコットン、インナーマスクを使用することでも肌荒れ防止が期待できます。

ガーゼやコットンを挟む

ティッシュでは、使用している間にボロボロになってしまったり、破けてしまったりすることがあります。

そこで、ティッシュの代わりにガーゼやコットンを使用する方法があります。

オススメはガーゼです。

ボロボロになることがありませんし、柔らかく通気性にも優れているので快適に使用することができます。

インナーマスクを挟む

また、インナーマスクもオススメの商品です。

インナーマスクは、不織布マスクを使用しながら、肌荒れにも対処できるアイテムです。

マスクに挟むだけのタイプや、マスクの紐を通して使うタイプなどがあります

不織布マスクには吸水性がありません。

そのため長時間着用していると、水蒸気が中で溜まってしまい蒸れてしまいます。

このことが雑菌の増殖につながり、肌荒れしてしまう原因にもなるのです。

インナーマスクは吸水性にも優れ、放湿もしてくれる便利なものです。

肌荒れや蒸れ防止のインナーマスクの活用で、快適なマスクライフが送れるでしょう。

スポンサーリンク

不織布よりピッタマスクの方が肌荒れしない?それとも布やシルク素材の方がいい?

不織布マスクよりも、PITTA MASK(ピッタマスク)の方が肌荒れしない、という人もいます。

また、天然素材の綿やシルク(絹)のマスクも、肌荒れの原因に対処できることが多いです。

ピッタマスク

ピッタマスクはとても人気のあるマスクです(ポリウレタン製)。

カラー展開も豊富で、おしゃれに着用することができるのが特徴的です。

また、名前の通り顔に密着し、柔らかく伸縮性のある素材なので、肌荒れが軽減されたと感じる方も多いです。

一方で、金属アレルギーの方は着用できなかったり、密着するがゆえに暑いと蒸れてしまって、肌荒れが起こってしまったりする事も。

使用上の注意(アラクス公式 楽天市場店)

ピッタマスクで肌荒れが起きてしまう方は、フェイスラインが荒れてしまうことが多いようです。

自分の肌に合うか、しっかり確認することが必要そうですね。

コットンやシルクなど天然素材のマスク

天然素材の布やシルクのマスクは、肌荒れが気になる方にとてもオススメのマスクです。

肌への優しさに特化して作られたものが多いですよ。

肌荒れの原因となるのは、摩擦による刺激や蒸れ、肌の乾燥などがあげられます。

天然素材は、肌への刺激の少なさや肌触りの良さ、保湿性の高さや速乾性の高さが期待できます。

シルクマスクの中には、不織布マスクを中に入れることができるタイプのものや、先ほど紹介したインナーマスクとして使用できるものもあります。

マスクとしての機能は、不織布マスクに比べると、ピッタマスクやシルクマスクはやや劣ります。

不織布マスクを使いたい方は、インナーマスクを使うのが手軽かもしれません。

肌荒れにも、マスクとしての機能も良いのは嬉しいですね。

マスクの肌荒れ対策にはパウダーや保湿スプレー、日焼け止めも効果的

マスクの対策以外に、パウダーや保湿スプレーなどを使用して、肌荒れしないように対策するのも効果的です。

マスクと肌の間にパウダーやスプレーを一層挟んであげることで、肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

素肌に直接マスクをつけるよりも、一層挟むことで摩擦を軽減できます。

保湿スプレーをしておけば、層によって摩擦が軽減でき、肌も柔らかい状態になるため乾燥による肌荒れも軽減できます。

私のオススメは、日焼け止めを塗ってからマスクをつけるようにすることです。

日焼け止めを塗ることで、肌とマスクが直接当たってしまうことを防ぎます。

また、白いマスクは紫外線を通してしまいます。

そのためマスクをしている部分もしっかりと日焼け止めは塗っておいたほうが良いのです。

日焼け止めがベタベタして気になる方は、フェイスパウダーを使用するのが良いでしょう。

日頃メイクをしている方であれば、メイクが層になってくれるので、直接マスクをつけるよりも摩擦による肌荒れは軽減できます。

すっぴんで過ごすことが多い方は、紹介したようにパウダーやスプレー、日焼け止めなどをしっかりと塗って、マスク生活を快適なものにして下さい。

スポンサーリンク

まとめ

マスクにメイクがついたり、前髪が湿気で濡れたりうねったり、マスクで擦れて肌が荒れたり…。

これらを防ぐためにティッシュを挟む場合は、できるだけ不織布マスクを立体的にした状態にして、上部にティッシュを挟むようにするとよいでしょう。

ティッシュを挟むと息苦しかったり、ずれてぐしゃぐしゃになったり、ティッシュで擦れてさらに肌が荒れてしまう場合には、シルクのマスクやインナーマスクがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました