ちょっとした差し入れのメッセージ例文!職場、部活、友達、コンサート、勉強の差し入れに添える一言

ちょっとした差し入れのメッセージ例文!職場、部活、友達、コンサート、勉強の差し入れに添える一言 生活

この記事では、差し入れのお菓子などに添える一言の案や例文をご紹介します。

職場への差し入れには、日頃の感謝や労いの言葉を添えましょう。

部活で差し入れをする際には、労いや期待のメッセージを添えるのが良いでしょう。

友達への差し入れには、日頃思っていることなどを伝えてみましょう。

コンサートでの差し入れには、招いてもらった感謝の気持ちなどをメッセージで添えましょう。

勉強を頑張っている人には、プレッシャーを与えないように配慮しましょう。

ちょっとした差し入れにもメッセージがあると嬉しいものです。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ちょっとした差し入れに添える一言(職場の場合)

職場では、お菓子やお土産などのちょっとした差し入れをする機会があると思います。

一言メッセージを添えるなら、日頃の感謝の気持ちや労いの言葉が良いでしょう。

差し入れをする相手が、数名いるのか個人なのかによってもメッセージは変わってきます。

数名いる場合には、

皆様お疲れ様です。
〇〇(商品名など)です。
よろしければお召し上がりください。

このような、簡単なメッセージを一言添えておきましょう。

出張や帰省のお土産などを配る際に参考にしてみて下さい。

個人に対して差し入れをする場合は、その方に関するエピソードなどを盛り込むと良いでしょう。

「先日はサポートをしてくださり、ありがとうございました」

「ご多忙とは思いますが、息抜きに召し上がって下さい」

このようなメッセージが添えてあると、好感を持ってもらえます。

メッセージの最後には、自分の名前を入れることをお忘れなく。

スポンサーリンク

差し入れに添えるメッセージ(部活の先輩や後輩の場合)

部活で差し入れをする際には、日頃の労いの言葉や期待の気持ちを添えると良いでしょう。

部活での差し入れは、先輩から後輩へ贈ることが多いのではないかと思います。

一緒に活動していく中で、後輩がどのようなことに力を入れて努力しているのか、どのようなところが長所なのかなどを知っていきます。

自分が思う後輩の良いところや頑張っているところをメッセージで伝えてあげると、後輩はとても喜んでくれると思いますよ。

後輩から先輩に送る際には、尊敬している部分などをメッセージに添えると良いでしょう。

実際に私も学生時代に、様々なメッセージをもらいましたが、ピンポイントで自分のことや自分の学年のことについて書いてもらえると嬉しくなりました。

自分たちのことをちゃんと見ていてくれているのだ、ということを実感できるのが良かったです。

また、試合やコンクールなどが近づいている際には「この調子で頑張れ!」や「期待しています」「成功しますように」などといったメッセージも良いですね。

メッセージを読んで、ますますやる気が出ること間違いなしです。

スポンサーリンク

差し入れに添えるメッセージの例文(友達の場合)

友達に差し入れする際には、どのように相手を思っているのかや最近のエピソードなどを盛り込んだメッセージを添えるのが良いでしょう。

〇〇と一緒にいると、落ち着くなと思っているよ。
これからもいろんな話をしたり、いろんなところに出かけたりしようね。

このように、自分が相手をどのような存在だと思っているのかなどを伝えてみると、メッセージを受け取る側は嬉しい気持ちになります。

日頃口に出して言うのが恥ずかしいことでも、文字で文章にしてみると伝えやすくなることもあるので、試してみて下さい。

普段の会話の中で出てきたものを、差し入れにしてみるのも良いですね。

この間話してた〇〇を見つけました!
感想聞かせてね。

やり取りを通じて、より会話が広がったり、仲が深まるかもしれません。

友達への差し入れであれば、文章以外にもちょっとした挿絵をしてみるのもオススメです。

上手く描けなくても、挿絵を見ることで気持ちがほっこりすることもあります。

スポンサーリンク

コンサートや発表会の差し入れに添える一言メッセージ

コンサート(や演奏会や発表会)での差し入れのメッセージでは、招いてもらった感謝の気持ちや、労いの気持ち、楽しみにしていたことなどを伝えましょう。

コンサートにお招き頂いて、ありがとうございます。
今日の演奏を楽しみにしております。

このような形でメッセージを添えると、演者は頑張ろうという気持ちになれます。

また、演者が緊張しやすい場合には、リラックスできるような小話などがあるともらう側はとても助かります。

仲が良い相手であればフランクな話を盛り込んであげて下さい。

本番前にクスッとさせてもらえるようなメッセージがあると、落ち着いて本番に臨むことができるので嬉しいです。

また、コンサートの差し入れは本番後に受け取ることも多いので「お疲れ様でした」などの労う気持ちを伝えるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

勉強を頑張ってる人への差し入れのメッセージ

勉強を頑張っている人に贈る差し入れに添えるメッセージには、応援する気持ちや、ひと段落した際に一緒にやりたいことなどを伝えるのが良いでしょう。

資格試験前や、受験生などに向けて差し入れをする際に気をつけたいのが、余計なプレッシャーを与えないようにすることです。

出来るだけポジティブな気持ちになるような言葉を使うようにしましょう。

自分も勉強を頑張っている身であれば、「合格まで一緒に頑張ろう!」というような孤独感を感じさせないメッセージがあると良いです。

受験前などの大事な時期であれば、「大丈夫」という言葉だけでも少し不安を取り除くことができます。

受験本番にそのメッセージを眺めることで、心を落ち着かせることもできます。

また、「試験終わったら、〇〇に行こうね」といった、未来のことをメッセージにするのもオススメです。

このようなメッセージは、この山を乗り越えたら、楽しみが待っているんだという気持ちにさせてくれます。

より頑張るための活力になりますね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました